読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夫の愛情表現

彼の愛情表現が乏しく感じるようになった今日この頃、

夫の愛情表現について考えてみた。

 

 

夫はこの生活を守るために

必死になって働いている。

私にも子どもにも愛情表現もせず。

 

 

オレの愛情表現はこの生活、この家、この食事代

というようなことを言われたことがある。

 

 

私はこの乏しい愛情表現に嫌気がさしていたが

これは本当に広く、どっしりとした愛情表現だと思えるようになった。

 

 

だって彼は私の何の生活の保証もしてくれない。

むしろ将来は無いと言い切った。

 

 

夫の行動は極端だし

それを守るために社畜になっているから

それはそれで目を覚ますべきだとは思う。

 

 

だがずっと不満だった遠回しの愛情表現が

とても責任感にあふれたものだと感じることができる。