読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お互いの心の旅立ち

明日は彼と飲みに行く約束をしていた。

しかしあっさりと夕方に断ってきた。

ひどい、理由もない。

 

 

僕たちは付き合ってもいないし

だからなんだっていうんだ

だって。

そりゃそうだけど。

 

 

夜になり、また少しメッセージ交換。

 

その頃には私の苛立ちもおさまっていた。

 

他の人ともセッ○スするべきだよとか

突き放すようなことを言ってきた。

 

でも君が気にしないなら

時々しようね

と。

 

 

今の収入では無理だから

若くて子どものいない人を探して

故郷に帰るんだと言っていた。

 

 

それで結構。

自分の人生を他人に任せるような人に興味はない。

 

でも彼の視点は好きだし

彼の意見も好き。

セッ○スも好き。

 

 

お互い今まで苦しみすぎた。

真剣に考えすぎた。

 

 

好きだけど年上

好きだけど子連れ。

 

 

好きだけど既婚。

子どもを手放せないのに手放そうとしている。

好きなのに信用できない。

嫉妬に狂いたくない。

 

 

今までこれらにまっすぐ向き合いすぎた。

だから疲れたんだと思う。

 

 

今日のお互いの感情は

バランスがよくなったと思う。