読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来は無い

離婚希望、プチ家出、退職、

子どもの年度末行事、そして彼のこと

お金のことで

私の頭と体がいっぱいになっている。

 

彼も仕事で疲れていて

またもや残念な雰囲気になってしまった。

 

 

もうやめよう

意味がない

疲れた

君は間違った人生だった

僕はすぐいい彼女が見つかる

僕がどれだけ寂しいかかわってない

君は僕以外のことで忙しい

愛していたけど意味がない

 

一緒に一晩も過ごしたことがない

料理を作ってくれたこともない

未来がない

 

何度も話してきたこと。

 

 

私はもう彼を苦しめたくない。

新しい彼女を見つけてほしい。

私のことは捨ててほしい。

 

そう思ってる。

言えないけど。

ただ黙っているだけ。

 

そして彼は

君はいつか後悔する、と言う。

 

わかってる、後悔するに決まってる。

でも彼と過ごしたら娘と離れたことを後悔する。

どちらにしても後悔する。

 

 

でも彼はよその男との子どもは育てられないという。

絶対嫌だと。

 

 

だから私たちに理想の未来は無いんだ。

 

 

でもなぜだろう。

最後には求め合ってしまう。

強く、激しく、何度も。