読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たとえ彼がいなくても

離婚について本気で行動することにした。

実際に動くとなると、いろいろ気にかけないといけなくて疲れる。

 

今朝は役所に行ったあと、ぐったりしていた。

彼がメッセージで様子を聞いてくれた。

 

 

 

離婚については彼が背中を押してくれたが

僕が待ってるよ、という雰囲気が全てではない。

 

「僕と付き合うためではなく、自分のために離婚すべき」

「例え僕がいなくても、女性としての尊厳を守ってほしい」

と、彼はいつも言うから。

 

 

 

離婚しようとしたら現れた彼。

そんな彼がどんどん背中を押してくれる。

 

たとえ彼がいなくても

私は離婚すべきなのだ。