イタリア人の彼とビアガーデンで大喧嘩

ゴールデンウィーク明けは彼の仕事が忙しく、また私も新しい職場のお付き合いがあり会えない週末が2回続いた。

 

ゴールデンウィーク中に彼が私との約束をスルーしたように、私も彼に執着しない。

そんな距離感の中で、いつもと違う場所に飲みに出かけることになった。

 

3週間ぶりだろうか。でもそれ以上ぶり会ったような気がした。

久しぶりに外で会ったからだろうか。

 

私は楽しい時間を過ごそうと、話題には気をつけた。

多少話題になる異性の話はあったけれど、他の男性の話はしないようにした。

 

近況報告、世間話、そして冗談も交えて楽しい時間を過ごした。

途中、結婚しようよって言われたり、一緒に住もうよとも言ってもらえて、半分冗談だと聞き流しつつも嬉しさでいっぱいだった。

 

半分は「どうやって?」という現実的な問題に悩んでいた。

 

しかしよくあるパターンで彼の気分が悪くなった。

私の離婚が成立していないことへの不満だった。

しまいには彼の同棲相手の存在が明確になり、その相手は私も知っている女だった。

薄々は気がついていたけれど、知りたくなかった。

 

結局今回は、気分が悪くなった私が帰った。

確か前回は彼がどこかへ行ってしまった。

 

私たちはいつもこうだ。

 

最後まで仲良くいることが難しい。

 

 

セッ クスをカジュアルに楽しもう

イタリア人の彼からはほぼ毎日のように挨拶メールが届き、ゴールデンウィークに会おうというお誘いももらったけれど、お互いの予定が合わず、来週ね、ということに。

 

私は止むを得ず他のグループで自分の時間を楽しんでいたら

断ってきたほうの彼から着信やらメールが。

 

ゴールデンウィークの最終日、「あしたは時間ある?」と。

 

もちろん無い。

だから連休明けって約束したのに。

 

彼からの積極的なお誘いだったが、無理であることを伝える。

家族絡みだというのはなんとなく言いたくないから濁していたのに、結局詮索される。

 

自分の行動は内緒なのにね!

 

結局、時間の合間を縫って彼がアパートに来てくれて、1回だけして別れた。

 

私の中に、執着は無い。

カジュアルにセックスを楽しめる仲になれたことを嬉しく思う。

願わくばもう少し頻度が高いといいな。

 

他の男とデートするのはなぜ?と聞いてきたけど、していませんから。

これも詮索?

嫉妬?

彼のプライド?

ドイツ人男性との出会い

マッチングサイトで連絡先交換をして唯一続いたのがドイツ人の方だった。

 

私が一方で憧れている、田舎で心穏やかな暮らしをしている人で、日本語を勉強中とのこと。

 

私がそのマッチングサイトで仮名を使っている理由を話したら、婚約者を事故で失ったという話をしてくれた。

 

こんなプライベートな話をして引いたかな?というコメントも入ったくらい、慎重というか、健気な雰囲気を感じる人だった。

 

メールのやりとりはすごく楽しいわけでもなく、聞いてもいない日常を教えてくれる。

 

あの彼がもう少し、こんなふうに日常を知らせてくれたらいいのに、と思ってしまったくらいだ。

 

とても安心できそうな人だったので、私のいる地方へ来ないかとお誘いした。

 

ブロックしたのに!

全ての連絡先をブロックして1ヶ月半ほど。

3月になったらダメもとで連絡してみよう。ブロックしたことを謝ろうと思っていたら。

 

彼がFacebookの別アカウントで連絡をつけてきた。

ブロックされる立場じゃない。

また会いたい。

そんな内容だった。

 

何のために?

セッ クスのために?

 

半分悲しく、半分嬉しかった。

 

まだ何の結果も出ていないけれど、やはり彼との出会いは私の思考と運命を変えたのは間違いない。

 

だから無視する必要は無かった。

 

ブロックしてごめん、私の都合だった、とすぐに返事をした。

未練と執着の思考の時間が無駄だから

謎めいた彼の日常

そこに立ち入れない私の立場の弱さ

加えて足りない想像力

結果、生まれるつまらない執着と未練

 

それを断つために連絡を絶った。

 

まだまだ習慣は残っているし、忘れたくない喜びの感覚もあるけれど

恋愛に限らず新しい出会いのために、彼のことを考えるスペースを別のスペースに使いたいと思っている。

 

まだいろいろ考えてしまうけれど、

スマホを気にすることがなくなった。

何をしているか気にすることが減ってきた。

 

無意味な過去の恋愛に、いつまでも執着しているその思考の時間がもったいない!

 

また彼に会うとしても、会わないとしても、それはそうなってから考える。

いま、私は新しい私になるために、この執着を断つ。

 

それだけ。

 

彼の何が気になるのか

彼としばらく連絡を取らないことにして1週間。

 

連絡を絶ったことに後悔したり、謝ってまた今まで通り会ってもらおうかなとかという気持ちがよぎる。

 

夢になんて出てきたこと1回くらいしかないのに、この年末年始で2回も夢に出てきた。

 

夢の中の彼は何も話さず、ただ存在していただけだった。

私は、彼が話してくれない彼の生活が気になっているようだ。

どんな一日を、誰と過ごしているか、少しでも教えてくれたら、私の執着は少なくなっただろうな。。。

彼の前から消えるという選択

新年を迎えるにあたり、彼から本当に卒業することにした。

 

連絡しない。

会わない。

 

彼には一方的にメッセージを送って、連絡先を絶った。

 

どう思っているかわからない。

まあ別に、くらいの程度かもしれない。

怒っている可能性は、少しあるかな?

考えたくないけれど、もう怒られるほど私に執着を持たれていない寂しさもある。

 

また連絡するよ。

3月くらいかな?

そう書いておいた。

 

あなたに会えてよかった、忘れないよ。

 

そう書いておいた。

 

私の思いは伝わらないかもしれない。

好きなら諦めるな、と言うかもしれない。

好きだから、セ フレならさよならしたいんだ。

あなたが悪いんじゃない。あなたのことで頭がいっぱいになっている私とサヨナラしたいんだ。