読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼女への嫉妬を昇華した

彼と会わなくなって1ヶ月以上経った。

 

来月、コンサートに行く約束をしているのだが

その日を何回も「いつ?」と聞いてきて

イラッとしたのだ。

 

 

日にちを覚えていない

楽しみにしていない

またキャンセルされる

 

そう想像した。

 

 

 

 

だから

彼女と行けばいい

彼女とあなたに売ろうとも思った

とか

嫌味をメールしたら電話があって

 

 

僕と行かないのか

僕と行くのを楽しみにしてないのか

 

 

と言ってきた。

 

 

楽しみだったけど

いつも約束をキャンセルして

コンサートは信じろと?

そうね、コンサートは特別だもんね!

ハハハ!

とあざ笑ったら

 

 

もういいよ、さよなら!

だって。

 

 

あなたがスケジュール帳を持っていないなんて知らないし

いつもキャンセルしてくるから怖いんだよね

CDだって、作れないのはわかったけど

いい曲くらい教えてくれたっていいじゃない

とても悲しかったんだ

 

と素直にメッセージしたら

 

また電話があって

ゆっくり話せた。

 

 

 

 

今日は新しい仕事の契約をしてきたと。

新しい会社の名前は教えてくれなかったけど。

火曜日と木曜日に、

私の務め先の方面で仕事するんだって。

 

 

第一、今の彼女といることより

故郷へ帰ることのほうが優先

 

 

たまに他の数人の女の子ともセッ○スするしね、と。

彼らしい答え。

 

 

なによりまず40歳になるまでに帰りたい

仕事が見つからなくなる

 

と言っていた。

 

 

 

 

私は彼の故郷の近くへ行く予定だけれど

それは春の予定だから

このままだと彼のほうが先だ。

 

 

ちょっと先を越された気がしたけど

あの彼女が優先ではないことがわかって

いや、優先だとしても

優先じゃないと私が解釈できたので

ホッとしている私がいた。

 

 

私は彼の結婚相手になりたいわけじゃないけれど

あの彼女に負けたような気がしてつらかったんだ。

 

 

 

 

 

 

怒っている夢

夫に怒鳴っている夢をみた。

 

不倫したこととか

今までの態度とかを本当に許せない!

と、いう怒りだった。

 

本当に怒ってた。

 

なぜか顔は、学生時代に長く付き合ってた元カレだった。

 

記憶っていいかげんだ。

 

 

 

 

 

潜在意識とか

顕在意識とかの本を読んだ影響かな。

 

あの本、すごくわかりやすい本だったので

家族にすすめてみようと思えた。

 

 

 

 

もう少し怒りを出してみようと思える夢だった。

自分の格を上げたいよ

久しぶりに彼からメッセージ。

ももうひとつ仕事を見つけたらしい。

 

私とへんなセッ○スしたいって。

私のこと、熟女ビッチって言われたわ。

 

まああなたの彼女と違って若くないですからね。

 

仕方ないけど

早くプライオリティの高い扱いをされる人と出会いたいな。

 

 

 でもなかなか彼のような魅力的な人が見つからないのも事実。

 

女まる出しで婚活ですか?

まだ離婚してないけど元夫に

「女まる出しで婚活ですか?」

と言われました!

 

 

仕事で着ている服が

タイトスカートでハイヒールだし

結構、女性を意識しています。

 

 

でも婚活なんてするヒマない!

ホントに忙しい。

 

 

これは私の趣味であり、楽しみなの。

 

 

それに、まさに私は女である。

で?何が悪いの?

 

 

子どもが大きくなって、やっとここまできたのに。

 

 

何の嫌味なのか全くわからない。

 

 

もと妻に、まだ母親を求めるあたり

本当に気持ち悪い!

 

無性に愛し愛されたい

私のことを綺麗だと言ってほしい。

とにかく夢中で愛したいし、愛されたい。

 

彼と過ごした時のように。

 

また彼に会いたい?

わからない。

 

ただ、ああして思われていたこと

それが忘れられない。

 

彼と会って

またあんな関係になれるかはわからないし

彼からの連絡も無い。

 

私たちは

あの時間だけの関係だった。

彼の魔法

彼の魔法が消えつつあって

彼の影響を受けたいと思っているけれど

毎日とっても忙しい。

 

 

彼のことは気にかけているけれど

彼から連絡が無いことに憂いたりすることは無くなった。

 

 

それは、

新しい生活のためにコンサルを受け

ビジネスの立ち上げをすることにしたおかげ。

 

 

 

私の今を彼に話したいな。

なんて思うかな。

 

彼との約束まであと1月近くある。

その前に会いたいな。

 

私の運命を変えてくれた人。

彼との出会いは私の未来を創るきっかけだった

彼と出会ってたくさんのことを学んだ。

まだまだつながっていたいけど、彼は忙しそうで

そして私と距離をおこうとしている。

 

 

彼のような人ともっと交流していきたい。

だから

夢を叶えるべくコンサルを申し込んだ。

 

 

 

コンサルを受けたら

もしかしたら現実を思い知って

諦めないといけなくなるかもしれない。

 

そんな考えがよぎった。

 

怖かった。

 

でもね、大丈夫だった。

 

 

 

 

よし、やるよ。

 

私ならできる。

 

 

 

 

彼へ暗い執着は消えてきた。

 

もちろんまだ大好きだよ。

 

それは伝えていかなきゃね。