読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嫉妬を現すことワガママを言うこと

今になってわかる。

 

嫌だ嫌だ、行かないでと

彼に気持ちをぶつけたことがない。

 

言われて初めて

待ってと言ったことはあるけれど

心からそう感じたことがなかった。

 

それは

あきらめていたのか

感情を押さえ込んでいたのか

別れを願っていたのか

あまり思い出せないけれど

 

感情ではなく思考が動いていたことは覚えている。

 

 

ああだから彼は

私を選ばなかったんだな

私を信用できなかったんだなと

今になってわかった。

 

子どものように

行かないでと

ただ泣いたらよかった。

 

そういう表現って、

もう何年もしたことがない。

 

だって

泣いたって彼は別れたいわけだし

泣いたって私には子どもがいるし

泣いたって彼は故郷が目当てだし

思考が働くと

泣いてもいられないじゃない。

 

 

でも、素直さって

そういうことかー、と

今さらながらに思うのです。