読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただ心と体が求めている

また彼と会う約束をした。

素直に、彼に会いたいとメッセージした。

まだ忘れられないと。

 

 

彼も

忘れる必要ないし

また一緒にお酒を飲みたいし

セッ○スしたいと返事をくれた。

 

 

素直に嬉しかった。

彼の返事に裏の意図も考えず

ただ会いたいとメッセージした。

 

そういうとろこにアンテナが高い彼は、

「どうしたいの?」

と聞いてきたけど

あまり遠い未来のことを語る必要は無いと思ったので

1ヶ月後のライブを楽しみたいし

冬に彼の故郷に旅行したいと返した。

 

 

 

 

彼にフラれることばかり気にしていた私。

もちろん今も会えなくなることを考えると寂しいけれど

何がなんでも引き止めておきたいという

すがる気持ちが無くなった。

 

 

 

未来を決めすぎない。

きっと縁があれば一緒にいるし

私も彼も成長や変化をしたら

お互い違う道を進むだろう。

 

 

彼もきっと同じことを考えて悩んでたんじゃないかな。

私のことは相性的に気に入ってるけど

子どもがいるし

お互いの故郷が離れすぎてるし

故郷に戻ったら必要なくなるかもしれないし

とか???

 

 

彼の考えてることはわからないし

あくまでも私の心の整理のための想像だけど

 

 

未来を決めすぎて

窮屈になっていたことに気がついてよかった。

 

 

 

ただ心と体が彼を求めている。

それを認めたい。