読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嫉妬が邪魔をする

お昼に嬉しい言葉たちをもらったのに、

それを遮るように、私のひねくれた言葉が

彼を傷つけた。

 

 

彼の言葉を信じようとしたのに

消えたはずの同時進行の女からまたメール。

 

 

やきもちを焼いて何が悪い?

と言ったけど

なんだかわかってもらえなくて

 

僕のことを疑った、と言い続けるのだ。

 

 他の女の存在をどう心で扱おう。

 

ザワザワしない

自分を下に見ない。