読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛なんて信じてなかった

彼と出会って、いろいろ話すようになって

また

先日の彼の異常な批判で気がついた。

 

 

 

私は嫌われること、心変わりされることを恐れている。

 

だから私は夫を選んだ。

当時、夫は私を好いてくれていた。

そんなふうに思ってなかったけど

『好かれたほうが傷つかない。結婚てそういうもの』

そういう思考があったんだろうね。

 

 

夫と出会った時

私は大好きな人との恋愛を諦めたばかりだった。

その人には告白すらしなかったのに

勝手に諦めて、その人のもとを去り

夫とのおつきあいを始めた。

 

 

なんて失礼なんだろう、私。

 

 

好かれているという事実に奢り高ぶっていて

愛を信じてなくて。

だから夫に愛されなくなったんだ。

 

 

彼は言う

そんな偽りの生活を選んでいるのは君だ、と。

 

 

そう、サレ妻は私が作った事実なんだ。

 

ほーら、あんなに私のこと好きだった夫だって

浮気するんだよ、ってね。