読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼の要求に応えたい

彼はよく、私には慣れてないセクシャリティな要求をしてくる。

 

最近は少し慣れてきたので、

その要求に応えられるけれど

普段の私には家族がいるので

すぐにその要求には応えられない時がある。

 

すると「じゃあもういいよ!」と

アッサリ去っていったり

 

「ウソつき!セクシーな女になりたいって言ってたじゃないか」

とウソつきよばわりする。

 

会うと優しいのに

メールのやりとりはとても冷たい。

 

きっとバーチャルセ○クスを楽しみたいんだろうね。

 

 

 

 

 

そんな私は彼の要求に答えなければ

彼に好かれないと思ってた。

 

 

他の彼女たちは

彼のリクエストに応えてるに違いない。

そう思って必死だった。

 

 

だからいつも緊張していることに気がついた。

 

 

今を楽しみたいと言いながら

彼との未来を期待していた。

 

 

結婚を期待しているわけじゃないけど

彼がただひとりの人を愛してくれる日を

それが私であることを期待してた。

 

 

でも彼は違う。

私は彼のおもちゃじゃない。

 

 

だから断った。