読書は薬より即効性があって副作用も無い

いろいろ落ち込んでいて読書をする気持ちになれず。 本は開くんだけど進まない。 でも読んでみたいなーと思う本が何冊かあって その中のひとつを家族が持っていた! 恋愛の本ではなくお金の本なんだけど どんどん読み進めることができて とりあえず半分は読…

縁が無いということを受け入れる

彼にもう呆れられてしまったかな と思っていて 気持ちを消そう消そうと思ってたけど 我慢しないで 来るはずのない返事を気の済むまでチェックしていた。 未読メッセージに「もしかして!」と思った。 がっかりもした。 どんな内容でもいいから 彼からのリア…

前はどうやって立ち直ったのだろうか

最初に彼と別れた時 どうやって立ち直っただろうか? 苦しいし、前よりもみじめな気持ちでいっぱいになっていた。 そうだ、前は夢を見つけたんだ。 その夢を叶えさせてくれそうな情報にも出会った。 私は恋愛以外のことで恋愛を乗り越えたんだ。 じゃあ今回…

私の悪いクセ

彼の気分を害するようなメッセージをして、やりとりを途絶えさせたくせに 昨夜酔った勢いで「でも好きだよ」的なメッセージを送ってしまった。 特に返事は無い。 返事に困るし、彼も私の対応に懲りたんだと思う。 だって会おうよって言ってくれてるのに、あ…

とことん失恋モードに

彼が私にとってふさわしい人ではないことはわかっているのに なぜか頭から離れない。 彼からは時々、遊びのお誘いが来てたけど 面倒くさい女を前面に出して、誘惑を乗り越えた。 やっぱり会えばよかったかな お互いしたいんだから会えばいいかな なんて思っ…

ブログタイトルを変更します

結婚しているのに好きな人がいます から イタリア人との恋と失恋の話 へブログタイトルを変更します。

自分の身は自分で守る

本当に疲れてしまい、約束をキャンセルした。 彼が怒った。 メールとはいえ、言い合いになった。 それでも会おうと言ってくるのはなぜかわからなかった。 心がゆらいで、会う準備を始めた。 でも結局、彼ペースがひどくなり、断った。 もう嫌だ。 待つのも、…

彼とまた?

6月に一緒に出かけたのを最後に、私たちは連絡を取らなくなった。 が、 また時々連絡が来るようになり 1ヶ月間ほど約束しては流れ、を繰り返したのち 明日、ついに会うことにした。 でもとたんに気分が重くなった きっかけは彼だったけど 原因は主に彼ではな…

彼みたいな人を探すという設定ミス

彼そのものへの執着が手放せなかったのはもちろんだけど 彼みたいな人をまた探そうという執着もあった。 これもさよなら。 見た目や職業、人種だけじゃない。 ただ私を愛してくれる人だけじゃない。 もちろん彼はあの時期に 短い間とはいえ私を愛してくれて…

新しい私へ。彼への執着よ、さようなら。

彼のFacebookに、女とのツーショット写真が出てきた。 見たことのない写真なのに見えてくる写真に なんだか消えていた嫉妬のようなモヤモヤがまた生まれてきた。 私は選ばれなかったという事実 あの女のほうがいいという事実 だと思われる。 数日モヤモヤし…

愛されてた

最後の外出は、つらい扱いをされてへこんだけれど 逆に、 たった2ヶ月だったけれどあの時の2ヶ月は必要とされて 愛されていたんだと思える。 女性として見てもらえたこと 性的に必要とされたこと 甘い言葉をかけてもらえたこと 私の中ではありえない出来事が…

次は人に話せる恋愛をしよう

次は人に話せる恋愛をしよう。 好きな人に、ちゃんと好きと伝えよう。 彼への恋愛感情は消えたはずだから つらいのは 邪険に扱われたことかな。 すごく利用されたような そんな気分。 そして潜在意識の期待どおり 彼にお金を搾取された。 初めてからそんなに…

自分の気持ちを無視した

彼と1泊したけれど、当然何もなかった。 安心したけれど、避けられているというか 期待を持たせない態度は私を信頼していないみたいでつらかった。 私は当時、彼とそういうことを楽しんだけれど その時彼を必要としていたからそうしただけなのに。 彼から事…

最後の

2ヶ月ぶりに会って、最後のお出かけ。 妙によそよそしく避ける彼に 「わかってるよ!」と言いたい気持ちをぐっとこらえて過ごしている。 私がまだ彼を好きだと思ってるからかな? もうそんなふうに思ってないんだけど。 だからこそ言ってやりたいと思うけど …

彼を尊敬できなくなっていることがつらい

明日は彼と約束した最後のイベント。 それについて屈辱を味わったので記事にしておく。 2ヶ月会わなかった。 2ヶ月付き合ってたので、同じくらい会ってなかったということか。 なんて考えてたら 「土曜日は仕事もあるし、金曜日は早く帰りたい。 セック○は期…

結婚にこだわる?こだわらない?

彼に、結婚できるといいね、と言われたことがある。 それは口説き文句なのかなんなのかわからないし 嬉しかったけど心の底では信じてなかったり でも信じたいと思ったり 結婚するために今の暮らしを早く終わらせなければと焦ったりもした。 冷静になった今 …

彼の波

私と会っていた頃はよくホームシックにかかっていたけど 今日もホームシックになっていた。 私は彼にたくさんのことを教えてもらった。 だから同じようなことを彼に伝え返したけれど きっと彼はあまりアドバイスされたくないんだろうなーと思った。 彼はとっ…

夫が怖い理由

彼とよく会っていた頃に、言われたセリフを思い出す。 君は魅力的 セクシー 夫の奴隷ではない 夫の承認を得ようとしている 私の外見について褒めてもらえたことは 自信にっなった。 今日の髪型、メイク、いまいち と思うことがほとんどない! 私はかわいい、…

私のバカばか!

きのう理想の人について考えていたわけだけれど 会社帰りの電車から降りる直前に 素敵な人がいました! 背が高くて 髪の毛がオレンジの 帽子の似合う白人の男性。 話しかけるべきだった。 娘をお迎えに行くから急いていたけど 今日くらい遅れてもよかったの…

私の理想の人って?

彼との出会いは私にとって奇跡だった。 人生を変えたというか、 取り戻した、という表現が適している。 恋をすることの楽しさ 愛への恐怖 現実の間違いに気づいたこと コミュニケーションに対する自信をつけたこと 自分に自信をつけたこと 夢を見つけられた…

最高の褒め言葉

彼から体調不良を知らせるメッセージが。 胃腸炎?結腸炎?になったそうだ。 そして熱も38度あるそうだ。 でもそのあと彼らしい記事の紹介が来たので その流れで私の夢を報告した。 わたしみたいなオープンマインドな人もいるけど 大半はそうじゃない、とい…

彼への執着がなくなってきた

金曜日になると彼から連絡が来ていて それなりにやりとりをして、おしまい。 気がついたら私は あまり彼に執着しなくなっていた。 約束したコンサートのせいか 彼が最近連絡をしてくれて嬉しいけれど 会うという約束は避けられている。 どんな心情かはわから…

彼女への嫉妬を昇華した

彼と会わなくなって1ヶ月以上経った。 来月、コンサートに行く約束をしているのだが その日を何回も「いつ?」と聞いてきて イラッとしたのだ。 日にちを覚えていない 楽しみにしていない またキャンセルされる そう想像した。 だから 彼女と行けばいい 彼女…

怒っている夢

夫に怒鳴っている夢をみた。 不倫したこととか 今までの態度とかを本当に許せない! と、いう怒りだった。 本当に怒ってた。 なぜか顔は、学生時代に長く付き合ってた元カレだった。 記憶っていいかげんだ。 潜在意識とか 顕在意識とかの本を読んだ影響かな…

自分の格を上げたいよ

久しぶりに彼からメッセージ。 彼ももうひとつ仕事を見つけたらしい。 私とへんなセッ○スしたいって。 私のこと、熟女ビッチって言われたわ。 まああなたの彼女と違って若くないですからね。 仕方ないけど 早くプライオリティの高い扱いをされる人と出会いた…

女まる出しで婚活ですか?

まだ離婚してないけど元夫に 「女まる出しで婚活ですか?」 と言われました! 仕事で着ている服が タイトスカートでハイヒールだし 結構、女性を意識しています。 でも婚活なんてするヒマない! ホントに忙しい。 これは私の趣味であり、楽しみなの。 それに…

無性に愛し愛されたい

私のことを綺麗だと言ってほしい。 とにかく夢中で愛したいし、愛されたい。 彼と過ごした時のように。 また彼に会いたい? わからない。 ただ、ああして思われていたこと それが忘れられない。 彼と会って またあんな関係になれるかはわからないし 彼からの…

彼の魔法

彼の魔法が消えつつあって 彼の影響を受けたいと思っているけれど 毎日とっても忙しい。 彼のことは気にかけているけれど 彼から連絡が無いことに憂いたりすることは無くなった。 それは、 新しい生活のためにコンサルを受け ビジネスの立ち上げをすることに…

彼との出会いは私の未来を創るきっかけだった

彼と出会ってたくさんのことを学んだ。 まだまだつながっていたいけど、彼は忙しそうで そして私と距離をおこうとしている。 彼のような人ともっと交流していきたい。 だから 夢を叶えるべくコンサルを申し込んだ。 コンサルを受けたら もしかしたら現実を思…

復縁したいわけじゃないまた好きなだけ

今日は再生や復活に適した星回りの日だそうだ。 以前却下された企画を出し直したり 履歴書や作品を再度送ったり フラれた相手に連絡を取る なんていうのもやってみるといいそうだ。 じゃあ彼と復縁したいのかと考えてみると ない って思ってしまった自分がい…