読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

強い男が好き

彼は自信を持って仕事をしていたし

男性として

人間として自信を持っていたけれど

 

私の前だけか

『かわいそうな男』も表現していた。

 

ふるさとに家族がいなくて

今の場所では給料が少ない

そんな環境で

かわいそうだけど頑張るオレ

 

を表現していた。

 

 

 

今思うと

私はそこが嫌だった。

 

彼のかわいそう設定に

かわいそうな私を重ね合わせていた。

 

彼だって人間。

弱いところもあるけれど

全てを私がカバーする必要は無い。

 

私は強い男が好き。

 

 

 

やめよう、かわいそう設定の投影。

やめよう夫に愛されない設定。

 

 

 

私は私らしく生きる。

かわいそうじゃない。

私は輝ける。

 

 

もう彼を追うのはやめよう。

彼はなぜそんなに怒るのか

彼はストレートに私に答えを聞いてくるし

感情表現も激しいけれど

その怒りの原因は何だろう。


私を愛してるから怒ってる、

とは言ってくれない。

 

「君たちはこういう性格だから」
「僕たちから見たら別世界の人」

と、批判ばかりして

その怒りの原因に気づいていないのか

話してくれない。

 

私のことか好きだから?

私たちが嫌いだから?

何か嫌な思い出があるの?

 

 

わかんない。

あなたのためなんて綺麗事

私の結婚生活は、彼を苦しめているようで

私が話す事実は彼を苦しめる。

 

もう彼を苦しめたくない。

彼の悲しい顔は見たくない。

 

それが連絡を絶った理由だけど

よく考えたら綺麗事で

私が彼に対して向き合えなかっただけだ。

 

彼の怒りと悲しみに答えられないし

仮面夫婦からゆっくり抜け出したい

娘と急には別れられない

彼のところに飛び込む自信もない

そう思ってる

自己中な女だ。

ギブアップ

今日は彼の仕事のために運転手。

 

その前にランチに行ったんだけど

また土曜日と同じことでもめた。

 

彼には理解できないことを

私はうまく説明できなくて

余計にこじれる。

 

 

 

もう彼のあんな顔は見たくない。

彼の仕事中に

時々セッ○スだけする?と提案のがあったし

もうこれ以上何も言わないよ

とも言われたけど

私は彼を愛してるから

都合のいい女になりたくない。

 

それに

彼には他に彼女がいる。

 

私は、私だけ見てくれる人を探してる。

私と幸せを作ってくれる人を探してる。

 

 

だから彼との連絡を絶った。

私から絶ったのは初めて。

 

ついにギブアップ。

 

 

土曜日の最低なデート

会った時から不機嫌で

何かあるごとに怒り狂い

 

土曜日はコーヒーを車内で

ビールをかけられ

ビールをかぶり

ネックレスを引きちぎる

 

本当にひどい夜だった

 

何のために待ち

何のためにお金を使ったのか

わからない

 

最後は仲直りしたけれど。

仲直りしたかったのかな、私。

 

本当にわからない。

 

家族旅行に行かないでと

でも

断ることもできず

 

 

私、また隠し事するのかな。

やっと動けるようになった

3ヶ月前。

本気で離婚を決めて

動こうとしたら

彼と出会った。

 

 

彼との時間はとても幸せな時間ではあったけど

罪悪感や混乱

娘に対する嫌悪感

頭がぼんやりしたり

不安

などのせいで

いろいろ停止していたことがあった。

 

 

京都旅行や、昨日の事実を聞くことで

何かが動き始め

私も気持ちの整理がついてきた。

 

 

彼は必要。

 

 

彼を独り占めしたいけど

私も独り占めされたくないから

この心の距離感が、今はいい。

 

 

慣れた場所で、新しい仕事が始まる!

 

 

 

別れ話じゃないならいい

やっと彼と会えた。

 

短いランチタイムで聴いたことは

ここではあまり詳しく書けないけど

私に問題があるわけじゃなく

突然の別れ話でもなかった。

 

むしろ

本当のことだと思われる、

今まで謎だったことを教えてくれた。

 

よかった。

そんなことか。

 

私にとっては、『そんなこと』。

 

 

念を押されたのは

トラブルに巻き込まないでということ

束縛しないでということ

付き合って別れるべきと感じたら受け入れること

だった。

 

それはそうね。

 

 

今朝はべそべそ泣いたけど、

別れ話じゃなくてよかった。